2020年度活動指針

【目的】
起業地域産業協力隊(地域おこし協力隊含む)メンバーを育成し、地域へ供給する。行政向けに起業地域産業協力隊受け入れを要請し、斡旋・支援する。

※起業地域産業協力隊とは、地域づくりのスキームを習得し、持続的にその地域の地域づくり活動を中心的に継続していける人材を言う。

【主活動】
●地域づくりスキーム(座学+アクティブラーニング)の構築、運営:
[アクティブラーニング]コミュニティ図書館を中心とした整備・運営
[座学]社会デザインオンラインスクールを中心とした整備・運営
[ドラプロ]地域づくりスキーム構築・改善のためのデータ収集。
[地域資源制作発信プロジェクト]ikou.jpやmitai.tvへの技術(企画取材制作投稿ルール等)指導。投稿は研究員資格者のみ。

●地域づくりに資する研究開発プロジェクト(2020年6月現在:社会デザインオンラインスクール、ドラプロ、コミュニティ図書館)の立ち上げ、実施。:プロジェクト参加条件:協会会員

●雑誌、論文、著書(ikou.jp)、動画(mitai.tv)等メディア販売

●講師、ファシリテータ、プロマネ派遣

●広報活動:
[SDGs分科会](地域づくり人材育成に関する課題議論、プロジェクト創発、提案)ーFB秘密のグループからも勧誘
[プロジェクト公募説明会]
[「これからの社会デザインフォーラム」]
[SDAメディア研究所(テキスト、動画等地域資源の発見発信)

【付随活動】
●学会等事務局機能の提供

 

明るく、楽しく、ワクワクする地域づくりのお手伝い

(1)コンサルティング及び調査、政策提言(国及び地方自治体)
(2)人材育成と教育として、学びの場・高等教育機関の設置と運営支援
(3)新しいビジネスの成長・事業化の促進、業初期段階への資金供給協力
(4)ハローワーク(人材募集支援、就業斡旋、情報提供)
(5)広報・啓発と出版の事業
(6)国内外の関連機関との交流活動(連携、共同事業の実施、事業運営及び業務の受託)
(7)前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業。」

 

【所属団体】